車検と中古車買取

車の状態が良いほうが査定額が高いことに間違いはありませんが、だからといって車検切れの近い車は車検を通してから査定したほうが高くなるかというと残念ながらそうではありません。また、車検までの期間が長いからといって高額査定につながることもありません。つまり、査定の際に車検を気にする必要はないということです。
車検切れ目前の車であれば、査定額に響くことや買取自体を断られることがあるのも確かですが、車検を通した車に対して、車検費用を賄えるだけの査定額の増額には決してつながりません。なぜなら、我々一般人が支払う車検費用と、買取店が引き取った車に支払う車検費用とでは金額に違いがあり、買取店が支払う費用のほうが安いのです。従って、査定の際に車検期間が充分にあることをアピールしても、その努力は査定額に反映されず、逆に車検した分だけ損をしていることにもなりかねません。そのまま査定されることをお勧めします。
但し、既に車検が切れた車の場合は話が違います。車検の切れた車は公道を走ることができないので、車の引き取りや持込の際にはレッカーなどの運搬車両が必要となりますので、余計な費用を支払うことになってしまいます。また、すぐに売却するからと車検が切れたまま走行している車もありますが、これは明らかな道路交通法違反となります。近いうちにその車を売ることに決めている場合であっても、一度でも公道を走行する必要がある時には必ず車検を通してからにして下さい。
車を売る