車の買取金額にまつわるトラブル

中古車買取で起こるトラブルは買取金額にまつわるものが多いです。

高く売ろうとするあまりにトラブルへ発展してしまうケースがよく見られます。

中古車買取トラブルの対処法を知ることで、トラブルに巻き込まれないように注意することが可能です。

良くあるトラブルのひとつは、オンライン一括査定サービスに関係したものです。

オンライン一括査定サービスは、インターネットから専用ページに必要事項を入力するだけで簡単に複数の業者から査定を受けることができるというものです。

手軽に査定を受けられることから近年よく利用されています。

このサービスを利用した時に、他社と比べてかなり高い買取金額を提示した業者に実際に査定を申し込んだところ、大きく減額されてしまったというケースがあります。

この車買取トラブルの対処法は、ずば抜けて高い買取金額が提示されている場合には注意することです。

その金額で買い取ってもらえないかもしれないということを念頭におき、実際の査定は複数の業者に出しておくことがおすすめです。

また契約後のトラブルも良くあります。
例えば契約書にサインした後で、もっと高く買取ってもらえる店を見つけてキャンセルしようとしたところキャンセル料がかかるとわれるケースなどが挙げられます。

この車買取トラブルの対処法は、キャンセル時にキャンセル料がかかるかどうかを事前に確認しておくことです。

キャンセル料が発生しない場合もありますし、その料金も業者によって違います。

以上が買取金額にまつわる車買取トラブルの一例です。

中古トラック売りたい!買いたい!ならトラック王国

車検と中古車買取

車の状態が良いほうが査定額が高いことに間違いはありませんが、だからといって車検切れの近い車は車検を通してから査定したほうが高くなるかというと残念ながらそうではありません。また、車検までの期間が長いからといって高額査定につながることもありません。つまり、査定の際に車検を気にする必要はないということです。
車検切れ目前の車であれば、査定額に響くことや買取自体を断られることがあるのも確かですが、車検を通した車に対して、車検費用を賄えるだけの査定額の増額には決してつながりません。なぜなら、我々一般人が支払う車検費用と、買取店が引き取った車に支払う車検費用とでは金額に違いがあり、買取店が支払う費用のほうが安いのです。従って、査定の際に車検期間が充分にあることをアピールしても、その努力は査定額に反映されず、逆に車検した分だけ損をしていることにもなりかねません。そのまま査定されることをお勧めします。
但し、既に車検が切れた車の場合は話が違います。車検の切れた車は公道を走ることができないので、車の引き取りや持込の際にはレッカーなどの運搬車両が必要となりますので、余計な費用を支払うことになってしまいます。また、すぐに売却するからと車検が切れたまま走行している車もありますが、これは明らかな道路交通法違反となります。近いうちにその車を売ることに決めている場合であっても、一度でも公道を走行する必要がある時には必ず車検を通してからにして下さい。

車を売るときのおすすめの一括査定サイト